PCMAX日記からの出会い

PCMAXで出会うための日記攻略法


PCMAXにおいて重要な機能のひとつとなっているのが、日記です。

日記には、自分の思い出や印象に残った出来事を記録に残しておくことが出来ます。

自分で書いた日記は他の人に読まれて、感想やアドバイスなどのコメントをもらったり、他の人の日記を読んでコメントをしたり、PCMAX会員様同士のコミュニケーションツールです。

『閲覧ランキング』『読者リスト』『訪問者リスト』『画像や動画添付』等様々な機能も充実しています。

日記での出会いではオフ会も頻繁に開催されています。


◆PCMAXの日記はとっても便利


日記は、その人がどんな人で、どんな生活を送っているのか、手軽に知る上で非常に便利な機能となります。

また、魅力的な内容の日記を書いている人、話題が豊富な人はそれだけに興味をかきたてられるもの。

写メコンは外見をチェックできる機能なら日記は内面をチェックできる機能といえるでしょう。


幸い、PCMAXでは日記の読み書きに関しては料金がかかりません。

さらに、コメントをするのも無料です。

ですから、好きなだけ利用することができるわけです。

たとえば掲示板への書き込みは1日2回目以降は5ポイント必要です。

それだけにできるだけ費用の負担を減らしながら出会いの機会を得たいという人にとっても大きな意味を持っているわけです。


ただし、PCMAXには膨大な数の日記があります。

何しろPCMAX会員は1000万人。1日に更新される日記だけでも大変な数にのぼります。

その中から興味がわきそうな内容、あるいはアプローチしてみたいと思えるものを見つけ出すのは困難ですし、実際のところそんな時間はないという人がほとんどでしょう。

そんなときにオススメなのが、その名も「みんなのオススメ日記」。

これはPCMAXのサイトのトップページにあるもので、多くの人がチェックし、人気を集めている日記を掲載しているものです。

多くの人が利用しているということは魅力的な内容ということですし、それだけ多くの人と交流する機会がもてるということも意味しています。

日記をチェックする際には、まずこの「みんなのオススメ日記」からチェックしていくとよいのではないでしょうか。


◆無料の日記を活用しよう


多くの会員に利用されているのが、PCMAXの「日記」コンテンツ。

プロフィールで「趣味は○○です」「こんな仕事をしています」などと言っても、実際にどのように楽しんでいるのか、頑張っているのかは女の子には伝わりづらいです。

日記でその詳細を書くことによって、あなたのことを女の子にもっと知ってもらうことができます。

充実した生活をしていることを、さりげなく日記でアピールすれば、「この人いいかも!」と思われることも多くあります。

タイプの女の子の日記を見たときには、あなたからも無料でコメントを残すことが出来ます。

PCMAXの日記は、読み・書きはもちろん、コメントをするのも無料なんです。

日記を読めば、その娘のことをより深く知ることができ、交流するための作戦に生かすこともできます。

プロフィールだけではなく、日記も併せて見ることで、あなたと価値観が似ている素敵なパートナーに巡り会えます。


◆PCMAXの日記機能で出会い攻略


日記機能を利用すれば、プロフィールだけではわからない会員の素の部分が見えたりして面白いんです。

さて、この日記機能ですが、出会いにはあまり関係ないのでは?

と思っている人が多いようです。

しかし、これこそがPCMAXを利用する醍醐味であり、他のサイトより出会いやすいポイントでもあるのです。

まずは日記を書いている女性を探し、日記を見てみましょう。

まぁ、他愛もない日常の日記が書かれていると思います。

日記を見ているだけでも面白いんですが、この機能を使って、出会い確立が大幅にアップシマス。

男性はあまり見ないとは思いますが、日記は女性からはかなり閲覧されています。

そして興味を持った相手に自分からコンタクトをとります。

普通であれば、男性からメールを送りまくるというのが出会い系の手法ですが、PCMAXでは日記機能のおかげで、ポイント消費を抑えて出会えるというのがメリットなのです。

他のサイトでは日記機能を採用しているところはあまり見かけない(※最近ではほとんどの優良サイトで採用されています)ので、責め方としてはメールを送りまくるといった単純な手法に偏りがちです。

これではポイントがいくらあっても足りませんね。

他のサイトでお金を使いすぎている人はPCMAXに乗り換えたほうがいいかもしれません。

それくらい、少ない金額で出会いが可能ですから。
PCMAX 無料登録へ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
PCMAX口コミ
 

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。